LETTER
from PRESIDENT

たくさんの「ありがとう」を
いただける人になろう。

代表取締役社長
中村 明彦

毎日およそ48万人。多彩なお客様とふれあえる仕事。

新幹線パーサーほどいろいろなお客様に出会い、いろいろな人生経験を味わえる仕事は他にないのではないでしょうか。東海道新幹線は、毎日48万人近いお客様からご利用されています。旅行に出かける方や仕事で出張に向かう方、そして海外からのお客様、時には、国家レベルでのVIPと呼ばれるような方々もいらっしゃいます。新幹線パーサーは、そんな多彩なお客様とのふれあいを通じて、多く学びと刺激を得ながらホスピタリティのプロへと成長できる仕事です。

会社としても、人材育成の制度や環境をこれまで以上に充実させていきます。一人ひとりの生まれ持った素質を尊重しながら、その人が変わるきっかけを数多く提供していきたいと考えています。東海道新幹線という日本を代表する乗り物で、自分らしく輝き、お客様に最高の旅の思い出を提供できる。ジェイアール東海パッセンジャーズは、そんなホスピタリティのプロをどこよりもしっかりと育てる会社でありたいのです。

心がけひとつで、自分の価値はいくらでも高めていけます。

パーサーという仕事は、単なる接客販売業ではありません。ホスピタリティあふれるサービスで世界に誇る新幹線の価値をさらに高めると同時に、車掌業務を通じてお客様に安全と安心をお届けする任務も担っています。とても責任の大きな仕事ですが、その分、やりがいも大きい。自分自身の心がけひとつで、パーサーという仕事の価値はいくらでも高めていくことができます。

仕事は決して楽しいことばかりではありません。時には辛いこともあります。でも、お客様からいただく「ありがとう」の一言で、すべての苦労が吹き飛んでしまう。多くのパーサーたちからそんな話を聞きます。パーサーはたくさんの「ありがとう」をいただける仕事です。人は「ありがとう」の数だけ、感謝の心を持てます。お客様への感謝、ともに働く人たちへの感謝、そして自分に関わるすべての人への感謝。そんな大きな感謝の心を胸に、パーサーとして、ひとりの人間として、成長していってください。

Profile

代表取締役社長 中村 明彦

学生時代は体育会系でゴツゴツした男性にばかり囲まれていましたが、家庭では娘3人で女性ばかりの環境で暮らしています。変化や違いを楽しい、面白いと捉えて生活も仕事も前向きに見るのが、私の基本スタンスです。東海道新幹線という舞台は、定められたダイヤ上で機械的に動いていますが、様々な変化を感じさせてくれる生身の演出にもなります。私と一緒に変化をつくっていきませんか。

ENTRY

募集中の各種採用情報やエントリーはこちらから。
新しい仲間と出会えることを楽しみにしています。

その笑顔が、
日本の顔になる。

JR-CENTRAL PASENGERS Co., Ltd.
SHINKANSEN PURSER RECRUITING

Entry